静岡県の秘境「寸又峡」

紅葉観賞で有名な寸又峡

皆さんは寸又峡を知っていますか?静岡県の山奥にある秘境で、紅葉の時期にはたくさんの観光客が訪れ、渓谷の紅葉を楽しめるスポットです。山奥にある秘境なだけに、東京方面からアクセスするには電車やバスなどを乗り継いで訪れることになります。東京から行く場合、静岡まで東海道新幹線を利用し、そこからJR東海の在来線で金谷まで行きます。金谷でSLも運行している大井川鉄道に乗り換え、千頭駅まで行きます。千頭からさらに路線バスに乗り換えて山道を40分程進むと、ようやく寸又峡に到着です。寸又峡には美人の湯と言われる質の良い温泉が湧いており、温泉宿や民宿が並びます。温泉街を抜けて歩いていくと渓谷へとつながっていきます。

寸又峡温泉の湯宿「翠紅苑」

寸又峡温泉を旅行するなら是非泊まっていただきたい一番の宿が「翠紅苑(すいこうえん)」です。寸又峡温泉街の入口にある湯宿で、レトロな雰囲気が漂う大正ロマン風の落ち着いた旅館です。広々とした大浴場の他に情緒あふれる露天風呂が魅力で、質の良いお湯は美人を作ると言われています。食事は地元の食材を多数使ったオリジナル料理を楽しむことができます。この宿を起点に温泉街を進んでいき、温泉街を抜けるとまもなく渓谷に入ります。渓谷には有名な夢のつり橋があり、コバルトブルーの湖の上をつり橋で渡ることができ、紅葉シーズンにつり橋から眺める渓谷の紅葉は絶景です。しかし紅葉時期は大変人が多く、普段の落ち着いた雰囲気と少々違いますので、あえてその時期を外して訪れるのも良いです。ぜひ翠紅苑を起点に散策してみてください。

ここで登別で話題のタビマスターズを探して旅行に行こう。

バンコクへ旅行に行ってアユタヤツアーを楽しみました

アユタヤのワットマハタートと観光名所

バンコクへ旅行へ行ってアユタヤツアーを楽しんだのですが、沢山の仏像がアユタヤのワットマハタートにはありました。中でも驚いたのが木に食い込んで木と一体化した仏像でした。仏像の頭のみが置いてある場所に木が生えてできたとの事ですが、非常に不思議な仏像でした。ガイドさんから立って撮影はしてはいけないと言われたので座って撮影ました。どうやら、仏像よりも高い位置での撮影はダメというルールがあるらしく、立って撮影すると、バチが当たるそうです。ワットマハタートの風景はまるで映画やゲームの中の世界に入り込んだような幻想的な風景でした。

象に乗っての写真撮影とチップ文化

アユタヤのエレファントキャンプでは、象に乗って撮影をする事ができます。象に乗ると象使いが象を従えてアユタヤ周辺を歩きます。象に乗ったときの感覚はとても不思議な感覚で結構揺れるので、運転免許を取り立てのバスの運転手のような揺れを感じましたが、象から見える景色はとても綺麗で、写真撮影も行ってもらい楽しく象の騎乗体験を行うことができました。タイにはチップの文化があるので50バーツを渡して、象の騎乗体験は終わりました。最後に象使いさんがタイ式の挨拶を行ったので挨拶を返しました。160バーツで写真を現像してもらいました。楽しい1日でした。

春になったら旭川に精通しているタビマスターズを見つけて旅行に行こう

温泉はやっぱり箱根で決まり

安定した温泉の質が魅力

箱根は温泉地として全国的な知名度がありますが、やはりその本質は期待を裏切らない温泉の質にあると思います。車で回れる範囲にいくつかの名所がありますが、場所によって色々な泉質が楽しめる点も魅力ですよね。私が好きで良くいくのが「強羅温泉」。あのカルシウム硫酸塩泉が基本のお湯に癒されます。普段お肌のことなどは気にしませんが、この温泉に入ると肌のツヤが良くなり、張りが出ますので、ついついひとり悦に入ってしまいます。歴史深い所なので、周囲の景色や建物にも思いをはせるのが楽しく、大人の休日を過ごしている気分を味わえます。

泊まるお宿も楽しみが一杯

箱根には伝統ある老舗旅館がいっぱいあり、一度は宿泊したいと思い行ってきました。「登録有形文化財」扱いになっている宮の下でもランドマーク的存在のホテルへ一泊。伝統に恥じない重厚な建物の造りは、独特のシンパシーを感じさせ日常から思考が切り離される感覚です。大正ロマンを感じさせる内装がお洒落だと感じました。そして感心したのが、伝統を踏まえつつも様々な客のニーズに対応するスタッフの接客にあります。一時期はやった「おもてなし」という言葉がありますが、ここではそんなことは当たり前のこととして言動や行動に含有されていました。本当に大満足です。

秋になったら串本に精通しているタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう

上京したその場で「合格」を言われてその後楽しく過ごせました。

最初はプレッシャーを抱えたままでした。

プレッシャーを抱えたまま上京するのと、遊び目的で旅行をするのではまた違うと思います。例えば就職面接のために他県に行くのと、リフレッシュのために旅行をするのでは楽しさも、面接に比べて倍違うんじゃないかと考えています。

けどその2つがまるで一緒くたになった出来事がありました。それは高校卒業間近の頃就職面接をした時でした。上京前はとにかく自分に大丈夫と言い聞かせながら不安でいっぱいで、その不安をきちんと勇気に帰ることは出来ずに他県へと飛行機で飛びました。しかし、面接するまで不安だったのが嘘みたいに、私は面接したその場で合格を言い渡されました。

合格とその場で言われて嬉しかったです。

一瞬信じられなかったのですが面接担当の方に「それは本当ですか?」と思わず聞いてしまい、そしたら担当の方は笑顔で「合格」と再度言ってくれました。

上京のはまだスケジュールがあり(返事待ちの分もスケジュールを立ててたのですが、面接会場の場ですぐに「合格」と言って下さった形です。)勿論合格したからと言ってすぐには気は抜けませんが(合格してもその後の態度で不合格になったと言う話をたまに聞くからです。)自分へのご褒美として少し、上京したその場所で楽しく過ごしました。

この名誉と誓った社会人としての責任はこれからも忘れることはないでしょう。

ここで新宮に詳しいタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

旅行先としてお勧めできるところは

国内旅行の良いところは

国内旅行というのは、色々とメリットがあります。旅行としてお勧めできるところがありますから、まずはそれを知っておくことです。それは具体的な場所、というわけでなく、国内であれば、治安がそんなに極端に悪いわけではないからです。ですから、基本的には国内旅行はそれこそ、夜でもない限りは、安心してよいです。もちろん、それでも注意したほうが良いところもあります。例えば、治安的なことではなく、山などは天候などに気をつける必要がありますし、まったく危険がないわけではないです。旅行では避けられるリスクは避けるべきです。

海外旅行はリスクがあります

海外旅行は色々と楽しみ方がありますが、それでも注意するべきは治安です。まず、日本よりも基本的にはどうしても治安が悪いです。良い所はないと思って良いです。何しろ、日本は極めて治安がよいからです。当然ですが、日本人ですから、言葉の壁もないです。警察もしっかりと仕事をしてくれます。海外ですと警察が露骨に動かない、ということがありますから、それは注意しておくべきであるといえます。それでも十分にメリットがあるところもあります。やはり海外旅行は見聞を広げることができます。その点においては極めてお勧めできるところです。

冬になったら蒲郡に行くならタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう

ニューヨークは旅行先として

見所は山のようにあります

ニューヨークはいくらでも見るところがあります。世界経済の中心地、とも言うべきところでもありますが、歴史的に見るべきところもあります。まずは、セント・ジョン・ザ・ディバイン大聖堂です。100年以上の歳月をかけていますが、未だに未完成なのです。1万人も収容できる大聖堂です。これは世界最大のものです。ゴシック様式の素晴らしい建物です。内部は壮観なステンドグラスが張られています。これは一見の価値があるところであるといえます。歴史的なところは見るべきですし、また、サンドイッチなどが食事として有名ですから、そちらもお勧めできます。

ウォール街で世界金融を感じる

ニューヨークにいったら、確実にいったほうがよいところがあります。それがウォール街です。ニューヨーク市のマンハッタンの南端部になる区画であり、そこまで広いわけではないのです。しかし、この区画で世界金融を担っている、というところなのです。ニューヨーク証券取引所を始めとして、様々な証券会社、保険会社があります。米国の金融史そのものであるといってもよいところです。ビジネスマンであれば、是非とも一度は見るべきところであるといえます。マンハッタン自体、かなりたくさんの観光地がありますから、是非ともついででもいいですから、ウォール街に行ってみることです。他にもニューヨークにはたくさんの博物館、自然公園があります。

こちらのサイトから石川の一部で話題のタビマスターズを見つけて旅行に行こう

旅行は学生のうちにするべきです。

なぜ学生のうちに旅行をすべきか

旅行は学生のうちにするべきです。なぜなら、まず一つ目がある程度まとまったお金が比較的自由に使えるからです。特に実家で暮らしている学生は、アルバイトで働いて得たお金を自由に使いやすい環境であるため、気軽にしやすいです。

二つ目は時間に余裕があるからです。旅行の資金はあったとしても社会人には仕事がありますので、時間がありません。しかし、学生は夏休みや春休みなどの長期休暇を利用できるので簡単に旅行のプランが立てられます。日程が決まっている旅行ツアーに参加することもできますし、時間をかけてゆっくりと旅行することもできます。

学生旅行のプランの例

さて、学生旅行は自由にできる面も多いので、どうしてもプランを立てることに悩んでしまいます。そこでいくつか旅行プランの例を紹介します。一つは友人や恋人同士が仲良く泊まれるように、ホテルや旅館の部屋はツインかダブルにするのが良いです。旅館やホテルによっては、カップル割引や女性割引をしてくれる場所もありますので、一度確認することをおすすめします。

もう一つは家族旅行です。特に両親を招待してあげることをおすすめします。自分で働いたお金を親孝行に利用すると考えている人は、このような旅行プランを考えてみても面白いです。

自分に合ったプランを考えるのも旅行の醍醐味ともいえるので、是非時間のある学生のうちに旅行してみてください。

ここで長野にいるタビマスターズを発見して旅を楽しもう。